総合エンタメ・マガジン[エンタプレス]

Stage INTERVIEW

冨坂友のポリティカルコメディ『逃奔政走-嘘つきは政治家のはじまり?-』に主演する鈴木保奈美

近年『セールスマンの死』『レイディマクベス』に出演するなど、舞台に意欲的な鈴木保奈美さんが、7月に東京と京都で上演されるコメディ、『逃奔政走-嘘つきは政治家のはじまり?-』に主演する。この作品は鈴木さんが惚れ込んだ、「ポスト三谷幸喜」の呼び声高い冨坂友さんとの念願の舞台。嘘としがらみでドツボにはまっていく県知事を演じる鈴木さんに、冨坂作品の魅力や、舞台と映像の違いについてなど話を聞いた。
(取材・文・撮影/小野寺亜紀)

「映像と舞台は力のベクトルが違うのが面白いです」

鈴木保奈美さんは1980年~1990年代のトレンディドラマで一世を風靡。子育てのため一時期芸能活動を控えるも、復帰後は俳優仲間とワークショップや観劇を通じて演技の研鑽をする「部活」をスタート。映像だけではなく舞台への興味が増していった。

「20代の頃は私の理解力が追いついてなかったからだと思うのですが、舞台の面白さがわからなかったんですね。40代ぐらいから色々なお芝居を観に行き、ドラマの撮影現場で舞台でも活躍されている方からお話を伺い、『面白そうだな、やってみたい』と思うようになりました」

そんななか、冨坂友さんが主宰する「アガリスクエンターテイメント」の舞台を観て、衝撃を受けたという。「台詞に一切無駄がなく、緻密に計算されていて非常にわかりやすいし、どのキャラクターも個性的かつ魅力的。『なんて面白い舞台を作る人がいるんだろう』と。そしておこがましくも、『もっといろんな人にこの面白い舞台を観てもらいたい。そこに私も出たいな』と思ったんです」。

その後、「部活」メンバーの中田顕史郎さんと、冨坂さんの作品『笑の太字』を渋谷のワインバーで上演したところ大盛況。冨坂さんも「いつか鈴木さんと新作を作りたい」と思ったという。そんな二人はまず2022年のテレビドラマ「生ドラ!東京は24時」の『シンガロング!』で初タッグ。この作品はギャラクシー賞奨励賞を受賞した。

「冨坂さんはドラマや映画、舞台など色々なものを見て熱心に研究されていて、私たち俳優に届けてくれる言葉も非常に的確。生ドラマのリハーサルではその風景を録画し、私たちに後から長文でオーダーを送られてきたのですが、それもわかりやすく面白かったです」
(次ページへ続く)

1

2

みんなが読んだオススメ記事

人気ランキング

デイリー
マンスリー
総合
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

いま見ている記事と関連したオススメ記事です

PAGE TOP