総合エンタメ・マガジン[エンタプレス]

Stage INTERVIEW

『ブラック・コメディ』主演の浜中文一 事務所から独立し「自然体のまま。解放された感じです」

劇作家ピーター・シェーファーによる戯曲で、1965年にロンドンで初演。日本では1970年に劇団四季が最初に公演を行った『ブラック・コメディ』が、IMM THEATERで8月17日~9月1日に上演される。劇中、停電のときは舞台上を明るく、室内の電灯がついてるときは舞台上を暗くする“明暗逆転”の演出で、人物の本音や嘘を表出する異色作に主演するのは、コメディに定評のある浜中文一さん。役についてや、昨年末に独立した心境などを、ユーモアを交えて語ってくれた。
(取材・文・撮影/小野寺亜紀)

コメディで大切にしているのは、いかにお客さんにバレずに共演者を笑かすか、ですね

――『ブラック・コメディ』の出演が決まったときのお話から伺えますか?

こういう作品があるのは知らなかったのですが、もともと好きな“ブラック・コメディ”という言葉をタイトルにしているから、すごい楽しそうだなと思いました。まだ、以前に翻訳された台本しか読んでいないのですが、とても細かい動きがたくさんあり、計算し尽くされていて、書いていたピーターさんは、書きながら大変やったんちゃうかな、脳内で演じながら書いてたんちゃうかなと驚きました。

――予期せぬ停電が起き、暗闇の中でトラブルが巻き起こる爆笑コメディだそうですね。

非常に面白くて、映画でいえば大人気になって、何カ月も上映されるぐらいの作品だと思います。

――浜中さんが演じられるのは、無名の若い彫刻家・ブリンズリー。留守中の隣人宅から調度品を無断で借用し、フィアンセの父親や美術コレクターを自宅に招き入れて、富と愛を手に入れようと企てます。

すごくリアルな男性像。婚約者のお父さんに気に入られようとし、欲望にまみれていて、関係のあった女性のことも忘れられないという、カッコつけですね!  最終的にはドタバタ感のなかで、お客さんに「暗闇から何か成功をつかんで!」と思ってもらえるような、ハラハラドキドキしながら応援してもらえるような役作りができればと思います。

――コメディを演じるうえで大切にしていることはありますか?

いかにお客さんにバレずに共演者を笑かすか、ですね。台本にないところも含めて、バレないように笑かさないとだめです。

――共演者の方の印象も教えてください。

市川(美織)さんとは共演経験がなく、スチール撮影でご挨拶したときに非常に小柄な方だったので、暗闇のドタバタの中でぶつかって、怪我をさせてしまわないよう気をつけなければと思いました。朝海(ひかる)さんとも初共演なのですが、お二人ともイメージからは想像できない役柄なので、どういうふうに演じられるのか楽しみですね。(渡辺)いっけいさんとは、映像で最近ご一緒したのですが、とても素敵な方で、舞台でもご一緒したかったので嬉しいです。

――まだ稽古に入られる前とのことですが、今の意気込みをお聞かせください。

台本の文字だけを読んでいると、起きていることがイメージできて「面白そうやな」と思うのですが、実際にやるとなると大変でしょうね。“絵”としてどう見せたら面白いのか、考えながらやっていきたいです。

(次ページに続く)

1

2

みんなが読んだオススメ記事

人気ランキング

デイリー
マンスリー
総合
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

いま見ている記事と関連したオススメ記事です

PAGE TOP